BLOGMAN
平凡な生活の中からネタをひねりだす日記(BLOGMANはリンクフリーです)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
C大阪×鹿島
2005年10月30日 (日) 22:00 | 編集
2位鹿島と3位セレッソの直接対決。優勝を狙うには両チーム共に
勝ち点3がほしいところ。
元々鹿島にとって相性が悪い上に現在7連勝中と勢いのある
セレッソ相手に序盤は新井場の左サイドから攻められ
受身になるも、徐々にボランチに入った小笠原を経由して
パスが流れ始め主導権を握る。

再三チャンスを作りシュートを放つもことごとくキーパー正面に飛び
ゴールを奪えない。
一方のセレッソも森島、西澤を中心に速い攻めを見せるが、
決定機を作れない。

結局前半は0-0で折り返し後半へ。

後半も立ち上がりから鹿島ペースで展開するも、
9分新井場が相手の決定的チャンスを潰すファールを
犯したということで1発レッド。
これで流れはセレッソに傾くかと思われた17分。
西澤が2枚目のイエローで退場となり
両チーム10人での戦いとなる。

その後互いに交代のカードを切り勝負に出るも
スコアレスドローで終了。

今節首位ガンバが敗れたことにより
鹿島との勝ち点差は1に縮まった。
数字の上では8位広島まで優勝の可能性が残っている。

今日の試合を見ていて、
また鹿島がいい状態になってきていると感じた。
得点こそ奪えなかったがシュートまでの形は
なかなか良かったと思う。
今日はシュートコースが甘くキーパー正面に飛んでしまったが、
それはセレッソのDFが速い寄せでシュートコースを
消していたことも少なからず影響していると思う。

良い流れだったので前線を動かすことは勇気がいるだろうが、
深井をTOPに上げ、縦パスから裏に抜け出しシュートを狙えば
1点なら取れていたかもしれない。
西澤と森島が抜けた後のセレッソからは
失点しそうな気がしなかった。
それ位2人は攻撃の核となっていた。

後半ロスタイムのファビーニョにはひやりとさせられた。
あの場面で飛び出したのなら曽ヶ端には責任を持って
処理してもらいたい。
結果的に点には結びつかなかったが、
ガンバ戦で失点した大黒へのプレゼントボールなど
ああいうプレーで勝敗が決まると
見ている方としては非常に悔しい。

タイトルを獲る時の鹿島からは感じられる気迫を
今年は感じられないのが気になるところだが、
折角リーグ終盤で優勝に手の届く位置にいるので
どんな形であれ優勝してほしい。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ドローでしたか
おおっ!深い考察ですな!拙者のサッカー記事とは大違いです。(汗)
まあそれでもコッソリTBさせて戴きますね。(笑)
2005/11/01(火) 19:38 | | ようかん #sO8pSamE[編集]
ようかん様
コメント&TBありがとうございます。

アントラーズは現代表監督のジーコが在籍していたJ開幕時から好きで応援してます。そろそろタイトル獲ってもらわないとストレスで頭がアルシンドになっちゃいます・・・
2005/11/01(火) 20:36 | | 管理人 #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
マタ~リ【サッカー新聞】051031【海外組】<ヒデ決勝アシスト!>
2005/11/01(火) 19:42 | 『あぁマタ~リ組』 おちょくり24時間♪
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。