BLOGMAN
平凡な生活の中からネタをひねりだす日記(BLOGMANはリンクフリーです)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本×ボスニア・ヘルツェゴビナ
2006年03月01日 (水) 22:20 | 編集
ベストメンバーを揃えた日本はドイツ・ドルトムントで
ボスニア・ヘルツェゴビナと対戦。

前半終了間際。俊介のコーナーを高原がヘディングでゴール。
日本先制。1-0。

後半11分。中澤がバルバレスをペナ内で倒しPK。
ミシモビッチがきっちり決めて同点。1-1。

後半22分。バルバレスのヘッドを川口がファンブルしたところを
スパヒッチが詰めボスニア勝ち越し。1-2。

試合終了間際。俊介のクロスにヒデがヘッドで合わせ同点。2-2。

結果は2-2のドロー。

前半は前線からプレスをかけ良い試合をしている印象だったが、
後半はボスニアの速いパスに翻弄されマークを掴みきれない
場面が目立った。
サイドはあっさり破られ、精度の高いクロスに長身の選手が
合わせる。
ロングパス1本とっても日本のそれより精度が高い。
あっさりゴール前まで持って行かれているように見えたが、
高い技術が無いとあそこまでパスは繋がらない。
完全に日本より上のチームだと思った。

前線の選手に突破力とキープ力があるため、ファールで
止めざるを得ない場面も見られた。
審判次第では日本に退場者が出ていても
おかしくない試合だった。

2失点はいずれもミスからの失点だが、あれだけグダグダに
崩された割には少なかったと思う。

2得点については1点目の高原のヘッドはきれいだったが、
2点目のヒデのヘッドは運が良かっただけだと思う。
あの位置に張っていたのは流石だが、ヘッドは明らかに
逆サイドのゴールを狙った頭の振りだった。
終了間際に値千金の同点ゴールだったことは事実だが、
あれを毎試合計算することは出来ない。

アメリカ戦は初戦ということで負けて当然だと思ったが、
ボスニアあたりには勝っておかなければ厳しいと思う。
ボスニア戦では個人的には俊介くらいしか良いと思わなかった。

負けに等しいドローだったと思う。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
手厳しいデスね(苦笑)
確かに色々と不満の残る試合ではありました。
海外組がもう呼ばれないのであれば本番でのコンビネ~ションに不安がありまくりデスねえ・・・。
2006/03/01(水) 23:14 | | ようかん #sO8pSamE[編集]
ようかん様
どーもです!

試合前は楽勝は難しいにしても何とか勝ってくれると思っていたので予想と結果のギャップに厳しい見方となりました。

クロアチアはアルゼンチンに親善試合とはいえ勝ったようなので本大会でも手強そうです・・・
2006/03/04(土) 14:33 | | 管理人 #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
【マタ~リ サッカー新聞】【サッカ~   徒然ボスニア・    ヘルツェゴビナ戦】
2006/03/01(水) 23:09 | 『あぁマタ~リ組』 おちょくり24時間♪
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。