BLOGMAN
平凡な生活の中からネタをひねりだす日記(BLOGMANはリンクフリーです)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005年シーズンはアントラーズ無冠で終戦
2005年12月24日 (土) 23:38 | 編集
天皇杯準々決勝。鹿島×大宮。
後半10分に先制されそのまま終了。
鹿島は0-1で敗退。

大宮サポーターの方には大変失礼だが、
まさかここで敗退することになるとは思わなかった。
前半を見た限りではそのうち点を取ってくれると
楽観視していたが、先制したのは大宮だった。

得点後の大宮の戦い方は素晴らしく、
鹿島に攻めさせるものの、要所をしっかり抑え、
そこからカウンターに転じるというシンプルながら
選手全員が共通の意識の下、点を取らせない
サッカーをしていた。

鹿島は決して悪いゲームというわけではなかったが、
交代した選手の役割がいまいちはっきりせず、
交代選手が何をしたいのか見ている側に
伝わってこなかった。

残念ながら今季は無冠に終わってしまったが、
来季は新監督の下、各選手の個性を出せるサッカーを
してほしいと思う。

トニーニョセレーゾ監督は今日で最後の采配に
なってしまったが、将来も何らかの形で鹿島に
関わって頂ければ嬉しく思う。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。