BLOGMAN
平凡な生活の中からネタをひねりだす日記(BLOGMANはリンクフリーです)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PCの無償修理で気になったこと
2005年11月21日 (月) 23:03 | 編集
職場で使用しているノートPCが先週火曜に壊れた。

ディスプレイをある角度まで閉めると映るのだが、
それ以外の角度では良く見ると薄っすら見えるかなという位に
画面が暗くなってしまうといった症状の故障。
ヒンジ部分の接触不良だとすぐに察しが付き
分解修理にチャレンジ。
しかし、どうしてもディスプレイを外さないと
回せないネジがあり断念。
仕方なく修理に出そうと思い保証書を見ると、
運良く保障期間内だったので早速サポートに問い合わせると、
引き取りに来てくれるとのことで好印象。

サポートによると4~10日の期間で修理完了とのことで
案外早いね~とか思ってたら、よく考えると
現在客先常駐で勤務しているためサブ機が無い。
1~2日ならPC無しでも何とかなるけど、10日はちょっと長いな~
ってことで客先からPCをお借りし対応。

不測の事態に備えやはり2台のPCを常備しておかないと
周囲に迷惑を掛けるということを痛感し反省。

そのPCの修理が完了し今日帰ってきたわけなんですが、
当たり前の事ながらちゃんと直ってました。
納期も最短の4日とこちらも申し分ないです。

でも何だかすっきりしないと思った原因・・・
故障原因と修理箇所の明記がどこにも無いんです。
これは当たり前なのでしょうか?
無償修理なんだから何処が故障したかなんて気にすんなよって
ことなんですかね~
無償修理ってのを初めて利用したもので
これが当たり前だとするとこのエントリー自体が
「何言っちゃってんの?」ってことになりますが。

サポートに問い合わせた時にさりげなく
「お客様の方で落としたりはされていないということですね?」
とか言ってあわよくば無償修理適用外にしようとした割には
故障原因を客に教えないというのは如何なものかと思う。

客の心理としては故障原因が明確になれば通常使用時でも
同じ故障を繰り返さないように注意するようになるわけで
そうなればメーカーとしても無償修理の無駄なコストを掛けずに
済むんじゃないかなと思います。

まあ今回は素人目に見ても
接触不良が原因というのが明らかなので良いですが、
故障内容によってはHDDフォーマットなんてことも
普通にあるだろうし、バックアップを取ったとはいえ
修理後のPCのHDDが空になっていたら
なんか悲しいな~なんて思います。
流石にフォーマットかける時は連絡あると思いますが・・・

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。