BLOGMAN
平凡な生活の中からネタをひねりだす日記(BLOGMANはリンクフリーです)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ティム・キャンピーのチェーン
2006年02月09日 (木) 22:47 | 編集



第十二回はTIM CAMPI(ティム・キャンピー)のチェーンです。

昔の缶ジュースの蓋をモチーフにしたPOP TOPという
ペンダントヘッドが一時期話題になったブランド。

丸カンに通してTバーで固定するタイプのチェーンです。

ちゃんと燻しも入っていてチェーンにしては凝ったつくりですが、
リンクが丸いせいか、絡まるというかよじれるというか・・・
身に着けているといつの間にかよじれてチェーンのラインが
崩れていることがあります。

それと、これはチェーンのサイズにもよるかもしれませんが、
結構大きな丸カンのトップでなければそもそも通らないという
弱点があります。

ただ、チェーンが通りさえすればどんなデザインのペンダントでも
それなりに合わせられるので1本あると使い回しが効きます。
スポンサーサイト
Chrome Hearts Filigree Pull Pendant
2006年01月05日 (木) 19:38 | 編集



第十一回は
クロムハーツのフィリグリープルペンダントです。

KTリングと一緒に購入したもので、円高当時の値段で
5~6万位だったと思います。
現在は7万5000円位が相場でしょうか。

画像だとわからないですが、案外大きなペンダントで、
リングまで入れると全長は7.5cm程になります。

クロムハーツの中でもペンダントは他のアイテムと比べて
手頃な価格なので好みのデザインがあればお勧めです。
このペンダントも革紐とボローチップまで
含めての値段なので、考えようによっては安いです。

クロムハーツの記事になると、
タイトルをアルファベットにしたくなるのは何故でしょう・・・

A&Gヴァイパーブレスレット
2005年12月19日 (月) 22:36 | 編集



第十回はA&Gのヴァイパーブレスレットです。

マルカンに噛み付いている蛇の頭の鱗も
ちゃんと彫ってあります。

長めに着けるなら問題ないですが、
ジャストサイズを求める場合、パーツの裏が
フラットになっているため、
手首が相当太くないと長く余ってしまいます。

このブレスレットはVIPERシリーズの物ですが、
Tバーには「A&G Limited」の文字が入っています。
「VIPER」のTバーの物も見たことがありますが、
どちらがレアなのかはわかりません。
恐らくどちらもレアじゃないと思います・・・

Chrome Hearts KT Ring
2005年12月13日 (火) 22:16 | 編集



第九回はクロムハーツのKTリングです。

このカテゴリ内の記事を読み返してみて
あまり褒めてないな~と思ったので
今回はお気に入りアイテムを紹介します。

5~6年前の円高の時にここぞとばかりにアローズで
購入したリングです。確か8万後半くらいだったと思います。

シルバーでその価格が安いと思えたのだから
当時はイカレていたな~と再認識します。
でもこの感覚は銀好きの方にはお分かり頂けると思います。

その時フィリグリープルペンダントも一緒に購入しましたが、
今考えるとクロムハーツを2つ同時に買うという行為は
ささやかな贅沢だったと思います。

かなり使い込んでいるのが画像でも分かると思います。
着けすぎてトップの部分はモチーフが削れています。
装着感も良く、デザインもあまりうるさくないので、
使い勝手が良いリングです。

いつもピカピカに磨いていてもジュエリー感があって
良いリングだと思いますが、
個人的には黒銀が好きなので手入れらしい手入れは
ほとんどしません。むしろジッポで炙ります。

クロムハーツやガボールやリードの銀は
黒くなった時の質感が良い感じです。
同じブランドでもロットによって違ったりしますが・・・

ペンダントの方も気が向いたらアップしようと思います。

A&Gミレニアムリング2
2005年12月09日 (金) 20:13 | 編集
A&Gミレニアムリング2


第八回は2本目のA&Gミレニアムリングです。

形状は少し変わっていますが
デザインは何の変哲も無いリング。

刻印が多く、尚且つ彫がきれいだったので
そこに惹かれて購入。
以前紹介したA&Gミレニアムリング1(正式名称不明)
よりも肉厚のリングですが、
ご覧の通りのデザインのため
座りが良く付け心地もなかなかです。

これもあまり身に着けずにオブジェになってますが・・・

A&Gリング
2005年10月22日 (土) 15:18 | 編集
20051022145822.jpg


第七回はA&Gの以前紹介したバングルと同モチーフのリングです。

このリングは細身で着け心地が良いです。
A&Gではこのリングの他にもバングルとリングを
同じモチーフで作るというパターンが見られます。

しかし、バングルとリングを一緒に購入したわけではなく、
多少前後した時期に購入したため、両者の銀の質というか
銅の混ぜ具合なんかが違う気がします。

このように同じブランドでも時期によって
銀の質感が違ったりすることがあるので、やはりこういった物は
可能な限り実物を触って買うのが一番だと思います。

A&Gミレニアムリング 1
2005年10月19日 (水) 22:27 | 編集



第六回はA&Gのミレニアムリングです。

「ミレニアム・限定」の言葉に踊らされて勢いで買った物です・・・
わかりにくいですが、画像の奥に開いている4つの穴は
「2000」というモチーフの穴です。
本来それが見える側がリングの「正面」なんでしょうが、
あまりにも「2000」が間抜けなのであえて反対からのショットを
アップしました・・・

売ってしまうことも考えましたが、やはり一つ一つのアクセサリーに
買った当時の思い出があって、たとえ身に着けなくなっても
手放すことは出来ませんでした。
愛着ってやつですね。着けてないけど・・・

なんでこんなリング買っちまったんだみたいな文章になりましたが、
このエントリーのタイトルに「1」とついてるってことは・・・

もう一本A&Gミレニアムリング持ってます。


アージュのリング
2005年10月10日 (月) 22:29 | 編集



第五回はアージュの石入りリングです。またまた正式名称不明。

モチーフは確かフラワーだったと思います。
所有シルバーアクセサリーの中で唯一のドメスティックブランド。
リーズナブルなお値段の割りによく出来てます。
購入当時周囲の人々はアージュと呼んでいましたが、
正式なブランド名は
ArgentGleam(アージェントグリーム)と言います。
一般的にはどちらで呼ばれることが多いんでしょうかね~
グレイっぽい石が入ってますが、たぶん人工石です。

A&Gスカルリング
2005年10月01日 (土) 17:29 | 編集


第四回はA&Gのスカルリングです。正式名称不明。

またまたA&Gですが、関係者ではありません・・・
シルバーアクセサリーブランドで最初に興味を持ったのがA&Gで、
必然的に持ってるアイテム数も多いんです。

このリング、デザインが気に入って買ったのですが、着け心地は最悪。
何度着けても違和感がある指輪です。今ではジュエリーケースの中で
完全にオブジェになってます・・・

ただ、スカルの表情に何となく惹かれてろくに試着せずに
買っちゃったんですね~


A&Gのバングル
2005年09月28日 (水) 21:41 | 編集



第三回はA&Gのバングルです。正式名称はわかりません。

バングルはブレスレットと違い多少のサイズ調整ができるところが
強みです。(あまり頻繁にやると変形しますが・・・)

このバングルと同じモチーフのリングもありますのでまた次の機会に
紹介します。


Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。